アンチエイジング食事メニュー① 主食

こんにちは。事務局のアイです。

前回の記事でご紹介しました、
管理栄養士で当協会講師の船津さんが、
サンプルとして作ってくださった、
アンチエイジングメニューのお料理!
気になりますよね。
早速ご紹介したいとおもいます。

まず、プロの技を発揮したメニューがこちら!
↓↓↓ 
美肌食事メニュー
いろどりもキレイでおいしそうです。

まずは主食から。
左下の、みなさんが避けてしまいがちな炭水化物のご飯です。
最近では、
ローカーボ(糖質制限)ダイエットや、
グルテンフリー(小麦抜き)ダイエットなど、
なんとなく流行やオシャレ感も相まって、
主食を食べない方もいらっしゃるのでは……?

日本では昔から穀物を主食としてきました。
長い年月、米類を食べ続けてきた訳ですから、
身体に合っているはずです。
糖尿病の方の食事制限でも、炭水化物は摂取しますし、
厚生労働省と農林水産省が推奨している
「食事バランスガイド」でも、主食として
ご飯パン類をしっかり食べるよう表現しています。

もちろん、小麦アレルギーの方もいらっしゃいますので、
体に負担のかかるものがある場合はご注意ください。
そして、食べ過ぎも良くありません。
ぜひ上手につきあいたいのが、主食だと思います。

少々、前置きが長くなりましたが、
今回のメニューは「混ぜごはん」です。

白米の量を抑えるために、
カニかま・小松菜・錦糸卵・海苔が入っています。
1/3合ですが、思いの外たっぷり感じられます。

また、酢飯にして、お酢も摂取しています。
そのため、食後の血糖値の上昇を緩やかにすることができます。
主食をしっかりとることで、食べ過ぎ防止にもなります。

いかがでしょうか。
ご飯を食べたくなりましたか?
あわてず、ゆっくり、よく噛んで、
心と体のためにいただきましょう。

次回をお楽しみに!




関連記事
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
プロフィール

NPO日本健康美容協会

Author:NPO日本健康美容協会
2000年に設立しました。
美容と健康をテーマにしたセミナー活動と
学んだことを元に活動していただけるよう認定資格検定を行っています。
美容と健康について一緒に学びませんか?

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -