【番外編】部分ウィッグ

こんにちは。事務局のアイです。

いつも医療用のフルウィッグについてご紹介しておりますが、
今回は部分ウィッグを紹介したいと思います。
(トップピース・パーツウィッグ・ハイパック・ハーフウィッグなど呼称はさまざまです)
部分ウィッグ


部分ウィッグは、おしゃれ目的で販売されていることが多く
ボリュームアップや白髪隠しのイメージです。

ですが、医療用ウィッグを使用されていた方が、
自毛が伸びてきた過程で取り入れることができます。

既製品の部分ウィッグの多くは、自毛にストッパーで留めるタイプのものです。
取り使いの手軽さ、装着感の軽さ、購入しやすい価格といったことから、
生活スタイルにあわせて使い分けをしても良いかと思います。

部分ウィッグは、意外と購入しやすくなってきました。
CMでも見かけるオーダーメイドタイプですと少々ハードルは高く感じますが、
既製品は美容院や専門店、通信販売、ネット販売、
場所によってはドラッグストアでも販売していることがあります!

今回、なぜ紹介しようと思ったかのか…
それは、私自身が使用しているからです。
部分ウィッグ装着時

コロナ禍で美容院に行きづらく、
そこに皮膚トラブルが重なり、
しばらくは白髪を染めることが難しくなりました。

実際に付けていても装着の違和感はなく、
手で触れた時に
「あ、ウィッグつけていたんだ!」と思うくらいです。

私は、分け目の白髪とボリュームが気になるので、
やや小さめの部分ウィッグを使用しています。

少々はずかしいですが、ビフォーアフターの写真をどうぞ
ウィッグ装着前後


部分ウィッグもサイズやスタイル等いろいろありますので、
試着できるお店で選ぶことができれば、
より自然に見えるものに出会えるかもしれません。
あまり小さいものを選ぶとカバーしきれず
自毛と馴染まないこともありますので、
思っているよりも大きめなものの方がしっくりくると思います。

部分ウィッグは、頭の約半分をカバーできるような
大きめサイズもあります。
フルウィッグと比べると
暑さや締め付け感に大きな差がありますので、
医療用ウィッグを卒業したいけれど、まだ心配という時期に最適です。

カラーリングや白髪染めを卒業したい方が、
移行期に使うこともあるそうです。
もちろん、白髪染めの間隔を延ばしたい時にも。

色合わせが上手くいけば、全く違和感ありません。
部分ウィッグアレンジ

部分ウィッグが気になる方は、
普段通っている美容室があれば、
担当の方に聞いてみてはいかがでしょうか。
その場合は、既製品をヘアスタイルに合わせて
カット調整してくれるかもしれません。

私どもの医療用ウィッグ相談会でも
お気軽にご相談ください。






関連記事
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
プロフィール

NPO日本健康美容協会

Author:NPO日本健康美容協会
2000年に設立しました。
福祉と社会貢献をメインに
群馬県で活動しています。
あなたらしく、私らしくを大切に、医療用ウィッグなどの分野と
健康と美容のイベント活動を行っています。

リンク
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -